スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アオバナ

aobn3.jpg
草津市にしか咲かないという、幻の花、アオバナを撮りにバスツァーで出かけました。

aobn4.jpg
ツユクサの栽培変種と言うアオバナ、本当にツユクサそのものの形でしたが、
3倍の大きさはあるというものでした。

aobn5.jpg
コバルトブルーのフリルも美しい、大柄な花、とてもツユクサの変種とは思えないものでした。

aobn6.jpg
途中渋滞に巻き込まれ、すでに萎んでいるのではと心配されたアオバナ。
朝に咲いて夕べにしぼむといういちにち花。
朝のうちに摘み取らないと染料にならないとのこと。
待ってくださったN氏ご夫妻、さぞやきもきされたろうと心中お察しした次第です。
でも私たちが着くまで、摘み取るのを待ってくださっていて、親切に説明して
くださいましたが、私は撮るのに夢中。さっそく畑の中に入って、撮らしていただきました。
おりから、37度はあろうかと言う酷暑の中、アオバナはそれでも元気な姿を見せてくれました♪
でも大方は萎みつつあるのが多かったのは仕方のないことですね。

aobn7.jpg
遅い到着を怒っているようにも見えるしべの中。
どれが雄しべか雌しべか聞きそびれましたが、なんとなく外国の仮面を彷彿とさすたたずまいに、
思わず笑みを浮かべたものです。

aobn8.jpg
これらを摘み取るN氏の手は、ブルーに染まっていました。

kg2.jpg
この籠の中に摘み取られるには、どれだけの花がいるのでしょう?

aobn9.jpg
これら花の中に黄色い蘂があると品質が落ちるのだそうです。この黄色を取るのも大変な
作業のようでした。

hnb.jpg
黄色いしべを取られた後の花びら。本当に目を見張る美しさでした♪

sr.jpg
あの花びらを布でもんで、もんで揉んで、こんな濃い藍色になります。
目の前でその作業を見せていただきました。

ws3.jpg
この染料を和紙に塗って、塗ってぬってぬって、ブルーから、藍、
藍から黒色に見えるようになるまで、何度も塗り重ね、乾かし、保存するのだそうです。

この方法は江戸時代から代わらず続く手作業で、代々伝えられているそうです。
友禅の盛んだった江戸時代から、下絵に描く染料として重宝されたこのアオバナ。
着物を着なくなった現代は、高級な友禅染に使われているほかは廃れていったようです。
が、近年小腸における糖質の吸収を穏やかにするという特質が発見され、糖尿病に
よいということで、見直されて、草津市の市の花となって、産業の振興や、健康のまちづくりに
一役買っているようです♪
スポンサーサイト

龍馬脱藩の道パート4

rum2.jpg

四国梼原街道、龍馬脱藩の道パート4に行って来ました。
私が参加したのはパート2朽木峠、パート3天狗高原、そしてこの度のパート4野崎峠を
歩いたのでしたが・・・。
出発のパート1高知桂浜に参加できなかったのが返す返すも残念です。

rum3.jpg

雲の上の町梼原には緑豊かな太郎公園と言う公園があり、その前にはこんな藁屋根も
懐かしい茶堂や、水車小屋がありました♪

rum4.jpg

雲の上の食堂で、昼食を終えたあと、いざ野越に出発です。
地元の日経新聞の記者さんが取材に同行されるというので、ボランティアの案内人さんが
2人、龍馬時代の扮装で、案内してくださるとのことで、バスに乗り込んでこられました。
あつかましい私、さっそく写させていただき、ブログに載せる許可を得ました。
PRしてくださいとのことで、快くカメラに収まってくださいました♪

rum5.jpg

いざ野越峠に向けて出発です。先頭の龍馬さんの姿はすでにはるか彼方・・・(^^ゞ

rum6.jpg

アスファルトの現代道に出てようやく姿を見かけました♪

tnd.jpg

作家の司馬遼太郎が「万里の長城」にも勝ると豪語したという神在居(カンザイコ)の棚田。
こんな小さな画像では、とても表すことが出来ませんけれど、画像を少し大きくしました。
その素晴らしさの片鱗を想像してください♪

rum7.jpg

棚田を後にして、那須俊平・信吾邸跡へ。邸跡に佇むお2人。
まるで龍馬の時代にタイムスリップしたようでした♪

gnzu.jpg

維新の門の群像は、龍馬がたどった道にあちこち作られているようですが、梼原の群像は
一際大きく、躍動感に溢れた大きなものでした。棚田と、群像を撮るのが目的で参加した
バスツァー、ここで目的を果たせて、ルンルン気分で、銅像たちを見上げました。

gnzu2.jpg

真ん中の像が龍馬!渋い顔つきの精悍な龍馬像です。ここでは草鞋履きです。
草鞋履きの峠越えさぞ大変だったろうと思います。
維新の登場人物は四国では龍馬1人がクローズアップされているけれど、
様々な人が活躍し、維新以前に散っていかれたのだなと、改めて歴史を
作る大勢の人々の足音を聞いた思いでした。


続きを読む»

プロフィール

かおる

Author:かおる
なかなか更新できず
にいますが、これか
らもぼちぼちアップ
していきたいと思い
ます。

最新記事
最近のトラックバック
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

プロフィール

かおる

Author:かおる
なかなか更新できず
にいますが、これか
らもぼちぼちアップ
していきたいと思い
ます。

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。